オホーツク美術協会規約

  (名 称)

     第1条 この会を「オホーツク美術協会」という。

  (目 的)

     第2条 この会は、オホーツク振興局管内在住,並びに出身の美術家を糾合、ここを相互研鑽の場とし、事業を通して、美術活動による自己実現を目指すと共に

       後進の育成及び当地方美術文化の普及、発展をはかることを目的とする。

  (事 業)

     第3条 目的達成のため、年1回「オホーツク美術協会展(本展公募も行う)」を開催し、時に応じて巡回展その他の事業を行う。

  (組 織)

     第4条 この会には絵画部門(当面は彫刻・造形部門を含 む)、工芸部門を配置し、それぞれの部門に所属する会員及び会友を以て構成する。

     第5条 会員・会友は、本展への出品,会費を納入する義務を有し、各事業に参加する。

     第6条 会員は、所属する部門の審査をする権限を有する。

     第7条 新会員・新会友の推薦は、総会における出席会員の過半数の同意を必要とする。

     第8条

         1.この会に次の役員を置き、代表役員と事務役員で事務局を構成する。

           ・代表役員            1名

           ・事務役員 事務局長(代表代行) 1名

            会  計       2名 

            専門部長      若干名

           ・監査委員            2名

         2.役員は、総会において選任する。

         3.代表役員は、会務を統括する。

         4. 事務役員は、事務局長を中心に各業務を担当する。

         5.監査役員は、会計を監査する。

         6.役員の任期は2年とし、留任を妨げない。

  (総 会)

     第9条

         1.総会は、会員をもって構成するこの会の最高決議機関であり、年1回を定例とし、展覧会のおり開催することを原則とする。

             この他、必要に応じ臨時に総会を開催することができる。

         2.議事並びに規約の改廃は、会議出席者の過半数を以て決する。

         3.総会の議長は代表役員がこれにあたる。 

  (事務局・事務所)

     第10条

         1.会務の円滑化を図るため事務局を設置する。

         2.事務局は総会で決定した事項の執行、及び諸事業を含めた会の運営にあたる。

         3.各展覧会の日程、会場、入場料金、出品規定などの決定は事務局が行う。

         4.この会の事務所は、事務局長宅に置く。

  (会 計)

     第11条

         1.この会の経費は、会費、出品料、入場料、寄付金、その他の収入を以てあてる。

         2.会費は、年額、会員7,000円、会友6,000円とする。

         3.出品料は、5,000円とする。

         4.この会の会計年度は、4月1日より翌年3月31日までとする。

  (付 則)

         1.会員・会友の失格

          (1)展覧会(本展)に、理由なく2年以上作品を出品しなかった者、及び会費納入を2年以上怠った者のいづれかに該当する者は、総会出席者の過半数の

       同意により、会員・会友の資格を失う。

       ただし、事情により会員資格を回復する場合もあるが、回復には総会出席者の過半数の同意を必要とする。

         2.会員・会友の休会

       やむを得ず病気等で長期に出品不可能な場合、本人の申し出により休会とする。この場合の協会内の扱いとしては

          (1)会員・会友名簿からは削除する。

          (2)会費の徴収はしない。

          (3)復帰は、本人の申し出(出品)による。

         3.弔慰規定について

          (1) 会員死去に対しては、香典(1万円)・弔電・花輪を供する。尚、退会した創立会員及び事務局役員をしていた元会員も同様とする。

          (2) 会員と同居する配偶者の死去に対しては、香典(1万円)・弔電を供する。

          (3) 特に会の運営に功績のあった人については、別途考慮することができるものとする。

          (4) 弔慰履行のため、葬儀に参列する代表役員またはその代理の者には日当1千円を支払うものとする。また、北見自治区以外の葬儀に参列する場合、

              交通費としてガソリン代(km25円)を支払う。

 

     この規約は、平成9年1月19日から施行し、同時に旧規約は廃棄する。ただし、第9条(会計)については、平成9年4月1日からの施行とし、その間は、

     旧規約第10条(会計)による。

       第1回規約改正  平成15年5月5日より施行する。

       第2回規約改正  平成15年9月7日より施行する。

       第3回規約改正  平成24年8月26日より施行する。


オホーツク美術協会の歴史

1962年 6月

設立総会・公募展「全北見展」の開催を決定(創立会員39名)
初代代表に鷲見憲治氏、事務局長に松田陽一郎氏が就任

9月

第1回「全北見展」開催(丸正デパートにて 出品点数93点)

1968年

会場使用が不能となり1年休止

1969年 7月

会場を北見会館(現経済センター)に移し第7回展開催 2代目事務局長に林弘堯氏が就任

1972年 7月

第10回 展開催 会場は新装となった北見市民会館小ホールに移り第22回展まで開催

1973年

北海道文化奨励賞・北海道新聞文化賞を受賞

1974年

香川賞(会友賞)を設定

1977年 1月

第15回記念展を前に、協会会員の交流を目的に「全北見展・春季展」を始める

9月

第15回記念展開最後、網走移動展を実現

1983年

北見市より文化功労賞を受ける

1985年 8月

新設された「北網圏北見文化センター美術館」 で第23回展開催

1997年 1月

第20回全北見春季展の臨時総会で協会名称の変更及び規約改正、役員の改選が行われる
「全北見美術協会」は「オホーツク美術協会」に改称
鷲見会長と岡崎事務局長が退任 新代表に林弘堯氏、新事務局長に安藤志津夫氏就任

2002年

第40回記念展に際し、共催の北海道新聞社の社屋に大壁画を製作
紋別移動展を開催(紋別市立博物館)
事務局を7部制とし絵画部と工芸部の審査を分離 事務局長は5代目阿部賢一氏に引き継がれる
前事務局長の安藤氏が編集していた「オホーツク情報」は渡辺新編集部長の元で機関紙「オホー
ツク美術」として継続

2007年 9月

第45回記念展でチャリティーバザールを行い、売上金を文化センターに寄贈

2012年 9月

第50回記念展は会期を2週間として開催される

2016年 6月

北見市より教育文化功労賞を会員である岡崎公輔氏、更に同賞をオホーツク美術協会として受賞

2017年 9月

第55回記念展開催 第3代代表に阿部賢一氏、新事務局長に小川研氏が就任